浴室のドアの段差✨

こんにちは。店長のKenjiです。

 

浴室のドアの交換をしている風呂ドア専科ですが、

 

その工事方法は「カバー工法」と呼ばれるもので、新しい枠を

 

古い枠の上からかぶせるやり方となります。

 

カバー工法でよく聞かれるのは下枠の段差はつくのか?というところです。

 

 

このようにすでに段差がついている場合がほとんどです。

 

これは折戸であってもドアで会っても同じです。

 

なぜか??

 

それは水が脱衣所側に出ていかない様に!です。単純ですね。

 

ただ中にはバリアフリーとなっていて内外ほぼ平らになっているケースもあります。

 

どちらの場合についてもカバー工法で工事をした場合は

 

段差はできてしまいます。

 

ただあえてポジティブな目的で段差をつけたいという方もいらっしゃいます。

 

そう、やはりフラットだったりバリアフリーだと水が外に出てしまうことがあるためです。

 

また納まりによっては既存の段差とほぼ同じようにできる場合もあります。

 

一筋縄ではありませんので伺った際に十分説明させていただきます!

 

KENJI

 

お問い合わせ入力フォーム

お名前  ※必須
電話番号  ※必須
メール  ※必須
お住まいの地域  
内容  ※必須
お問い合わせ  
 

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています