浴室のベロカット??

こんにちは。店長のKenjiです。

 

今日は少し内部的なマニアックなお話です。

 

風呂ドア専科が行っている浴室入り口の交換工事ですが、

 

”カバー工法”と呼ばれる工事の方法を採用しております。

 

どういうものかというと既存の枠を取り外すことなく

 

その内側に一回り小さい新しい枠を取付し、そこに新しい扉をつける、というものです。

 

こうすることにより工事時間がわずか1~2時間という短工期が実現できます。

 

その新しい枠は現場に合わせて加工をする必要があり、

 

お客様宅にお届けする前に弊社工場で1個1個丁寧に下準備いたします。

 

その際に”ベロカット”という加工があります。

 

新しい枠が古い枠に引っかかるヒレのような部分を”ベロ”と私どもよんでおります。

 

このベロの幅を現場に合わせてミリ単位でカットしていくのがベロカットになります。

 

まあ使うお客様には全く気にしていただく必要のないお話ですが

 

この下準備があるからこそビッタシ納まるのです!

 

KENJI

 

 

お問い合わせ入力フォーム

お名前  ※必須
電話番号  ※必須
メール  ※必須
お住まいの地域  
内容  ※必須
お問い合わせ  
 

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています